2009年12月4日金曜日

『命と向き合うデザイン』 

 現世のデザイン



昨今、よく用いられている「デザイン」という言葉は、
大変便利です。

容易に用いられ、
軽率に捉えられ、
次々に消費されていきます。

成型精度・技術が向上する中で、
装飾を通り越し、華飾になっていく物体は、
「機能」に対立する概念としての「デザイン」、を
構築しています。

そんな中で、我々が生み出そうとしているのは、
「命と向き合うデザイン」です。

もし、本当にデザインが、
機能に「対立」する概念であるならば、
命と「向き合う」ことなどできるのでしょうか。

もし、本当にデザインが、
命と「向き合う」ことができるならば、
そのためには何を有しているべきなのでしょうか。

「デザインとは何なのか」から、
「何がデザインなのか」という視点に至ること

この解につながります。