2009年12月7日月曜日

『命と向き合うデザイン』 

 潜在的な「何か」






ニーズを満たしている商品は、
確かに売れます。
そして、すぐに消えていきます。

ウォンツを満たしている商品は、
最初はなかなか売れない、かもしれません。
でも、一度売れれば簡単には消えません。

重要なのは、
顕在化している「何か」(ニーズ)の上にある、
潜在的な「何か」(ウォンツ)を、
提供できるかどうかです。

ニーズは聞けば出てきます。
でも、
ウォンツは聞いても出てきません。
寧ろ、聞いて出てくるものはウォンツではありません。

「思い付いて」、
「思い込んだ」先、
「思い遣り」で包まれたトコロに、
それは必ずあります。

ウォンツを生み出せるのはデザインだけです。
ウォンツを生み出すことがデザインなのです。