2009年12月15日火曜日

『命と向き合うデザイン』 

 命と向き合うとは、つまり



何事も、
活用する目的を持って蓄えることは大切です。

自分がデザインすることを考えてモノを見る。
情報を得る。
「あ、綺麗なカップ。」・・・で終わるのではなく、
「あ、綺麗なカップ。自分だったらこんなのをつくりたいな」と、
考える。
今まではこれで良かったのです。


しかし、ここで、タイトルに戻ります。
「命と向き合うデザイン」。
「全てデザイン対象は命を向き合ってなければならない」、
という意志をここにつなげることが難しかった。

色々なものをデザインしたいな、
でも、これは命と向き合っていないな、
これも命とは向き合っていないな、
・・・。
そうなったとき、ここで、
諦めることが必要だったのです。

他のモノをつくってみたい、
考えてみたい、という思いを諦めて、
命と向き合っているモノに、
デザインをつぎ込む。
デザインに注ぎ込む。

今からどれだけ自分に時間があるのかなんて、
誰にもわかりません。
大体、誰にどれだけの時間があるのかなんて、
誰にもわかりません。
だとしたら、少なくとも、今という瞬間に、
命と向き合ったデザインを考えられることは、
とてもとても大切なコトなのだと思います。

私のことをよく知る人からいつも言われることは、
「お前は頭が堅い!」
そうなのだと思います。
こんな風に考えなくても、
きっと器用にやっていく人は沢山いるのだと思います。

それでも、自分の心と対話をし、
偽らざる思いでモノづくりに向かうことが、
何よりも大切なことだと思い、
それを教えられて来たと思っています。

この考えに至った時、
頭がクリアになりました。