2009年12月28日月曜日

『哀しみのデザイン』   

 チの連鎖



「形あるものいつかは壊れる」
この言葉が物語っていることは
「万物はいつか壊れてしまう運命にある」
ということではないのでしょう
「形はいつか壊れてしまうかもしれないが、
 気持ちは壊れずに残っていく」
ということを言いたかった言葉なのでしょう

デザインは、
カタチをつくることで
キモチを動かし、
イノチを繋いでいく行為です。