2011年4月25日月曜日

『自分と向き合うデザイン』

 幕引き



大変お世話になった方の幕を引く役の一端を、
担わせていただきました。

大変に寂しい気持ちになることですが、
それでも、
恩を受けた者の役目として、
果たしていかなければいけないことです。

人は一人では生きていけない、
という高尚な意味ではなく、
本当に単純に、
人は様々な人と関わって生きていきます。
教えを受ける、というものから、
ランチをつくってもらう、というものまで、
本当に様々なかたちで、
様々な人たちと。

そして、自分が一番年長にならない限りは、
常に誰かの幕を引く役を担う可能性を持っています。
その時に、喜びの笑顔と喜びの涙の中で
送り・送られる、
そんな素敵な場面をつくっていけるような人間になりたい。