2015年4月19日日曜日

『memorandum』     

 兼六園菊桜



梅、と言っても、実際は様々な種類があります。
当たり前のことなのでしょうが、
これまではさほど意識していませんでした。

今年に入って、そういうことを意識する機会に恵まれました。
もちろん、同様に、桜、と言っても、
色々な種類があります。
八重桜はもちろんその一種なのですが、
これも、特定の品種を指すものではなく、
八重咲きになる桜は全て八重桜。

そんな風に思いながらもう少し調べてみると、
なんとも縁のありそうな名前を見つけました。

それが、
「兼六園菊桜」。

八重桜の中でも殊更花弁の枚数が多く、
300枚にものぼるとか。
その名の通り、発祥の地は兼六園で、
江戸時代から栽培されていたそうです。

今度、桜が終わった季節に金沢に行くことがあるなら、
是非一度見てみたいと思います。

何かと縁がある八重桜。
きっといつか見られるはず。