2015年5月9日土曜日

『Consilience Design』   

 巨と微・maとmi



もう数年前になりますが、
ミクロとマクロについて考えたことがありました。

ミクロな視点とマクロな視点、
モノをつくっていく時にはそのバランスが重要です。

デザインでも、イベントでも、プロジェクトでも、
リーダーにとって大切なことは、
一番大きな全体像と、
一番小さな細部の、
両方を見る力です。

その中間にあるものを見ることができる人は、
結構いるものですし、
ともすれば、よく見えるだけに、
その中間が大事だと勘違いしてしまいます。

常に考える事は、
巨視的な視点と微視的な視点を持ち続けること。
そして、
それらは常に、
最も巨な部分と、
最も微な部分を見つめることです。

これが思いの外難しく、
大変です。